医師の定年はあってないようなものです。


しかし、他の医療従事者はそうではありません。

例を挙げますと、国立病院における看護師の定年は60歳が基本になっています。

それに合わせて、同じく定年を60歳としている病院が多いです。

しかし、年金の支給は65歳からですので、5年の間無収入になってしまいます。(本文一部、gooヘルスケアから抜粋)


現役時代に手先が器用でなければ扱えない医療器具(処置)も、高齢になると思うように行える業務も少なくなります。

力仕事なども難しいことでしょう。


そういう事情も鑑みて(かんがみて)当院では定年後の職員の充実したライフスタイルを応援するべく、関連事業への再就職先等を斡旋しております。


職員とそのご家族の幸せのため、やがては社会貢献につながる業務を展開してゆく所存でございます。


☆ 猫専門ペットシッター派遣 ~ coming soon



☆ 今やペットも家族です ~ coming soon


昨今、わが国では少子化により、大手企業では「ペ ットの具合が悪くなった」という理由で、有休が認められるところも増えてきています。


「ゆりかごから墓場まで」 ~ coming soon



☆ れんたるおばさん


TNR(地域猫)のボランティア活動費に充てるため、グーグルアドセンス用にお試しに作成したサイトです。

http://www.mamagotovilogger.com/

ファビコンも作成。(笑)



☆ れんたるおじさん ~ coming soon


昨今、ストーカー被害によるPTSDなどで軽度の欝状態になる女性が増えてきています。

それでも処方されたお薬により、治療に専念をしたいところでありながらも、なんとか自分の生活のために働かないといけない独居女性などもおられます。

そんな人は社会とのかかわりが出来るだけ少なくすむ居職を選択することも多く、SOHOという形で収入を得ている方も少なくありません。

ただそれは天賦の才能をお持ちの方であればコンフォタブルなことで、また何らかの手に職を持った方には必然であった環境にあるといえます。

そうではない人にも充分な収入は得られないにせよ、最近は在宅ワークなどで生活費の一部に充てたりする方も多いようです。


人はひとりでは生きることはできません。

そして、衣食住の最低限は守られなければならないのです。

それらを得るためには何らかの仕事に就かなければなりません。


特に独り暮らしの女性にはあらゆる危険がひそんでいる世の中です。

女性でなくても昨今のソーシャルネットワーク関連の被害も多く報告されています。

そんな中でも人とのかかわりあいを回避し続け、「便利さイコール快適さ」という一点に、希薄な人間関係でしか生きられない現代の風潮に警鐘を鳴らす者はあまりおらず、反対にインターネットの普及により、WEBという蜘蛛の巣に絡めとられることがわかっていながらも、出来るだけ自宅においての通信に生活の殆どをゆだね、人類はどのような方向に進んでゆくのかを憂います。

時代によって様々なことが変化してゆくのは当たり前ですが、そのベクトルが正しいのかどうかは誰も答えが出せないでいます。


しかし、そんなことを嘆いていても始まりません。

時代はどんどん痒いところに手が届くサービスに特化し続けることを受け入れます。

そんなものの中でも目に留まった業種がありました。

昔からオフィス代行、レンタルオフィスなどの業種がありましたが、それに併設されたあるサービスに当院は注目致しました。

経済産業省によりますと、平成28年10月1日から平成26年改正犯罪収益移転防止法が施行された業種です。

この業に関しまして、当院も何らかのかかわりを持つことになりそうです。

詳細はまとまり次第、後日こちらでご報告させて頂きますが、その業務は単純作業でありながらも非常に神経を使う仕事です。

それをお手伝いして下さる方を募集致します


*ご注意:繰り返します。

当院はあくまで架空のクリニックでしたよね?

そのことをお忘れなく・・・。

従って、「応募しないで下さいッ!!」(笑)

~ coming soon


嗚呼、「かるがもおにぎり」なんてオフィス街で移動販売する元OLさんが立ち上げたアイディアがベンチャー企業のはしりだった頃はまだのんびりとしていてよかったものです、ハイ。(笑)






☆ 適塾(時々、寺子屋)

  蘭学

ようやくサイトをオープン致しました。(笑)

↓     ↓     ↓     ↓     ↓



☆ Foodie

患者さん、職員、そのご家族の健やかな毎日を願い、マクロビオティックを始めとする医食同源について学びます 

*尚、こちらの情報は、持病がある方、筋肉トレーニングなどの運動をされていらっしゃる方には推奨できないケースが多々あります。

必ず医師の診断及びスポーツトレーナーなどの専門家の指導下で行って下さい。

万が一のことがあっても、幣サイトは責任が取ることが出来ません。

ご了承下さいませ。

~ coming soon




尚、別サイトではこのようなことを綴っております。

クリックしてみて下さいね☆

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

10p

此処は地獄の一丁目♪ Foodie のんびり更新中! さて、Foodieというからには食に関する頁(ぺえじ)ということになりますが、当サイトは例えこの「Bar 泥舟」が架空のお店であっても、お酒が主役(一番の主役はお客様ひとりひとりではありますが)だと思いますので、初めに綴るエピソードはこちら。尚、こちらの写真は、店主が自宅にて気まぐれで「小手先だけで作った見掛け倒しの中身はぺらんぺらんな」お料理を写真におさめるというわずかひと月かそこらで飽きてしまったお遊戯の数々。まるで「おままごと」でしたね。 お腹いっぱいになるようなメニューの写真は、また少しずつアップさせて下さいませ。今宵、このお話がエッセンスの一滴として、あなた様が味わう甘美な酒(ネクター)となりますように・・・。 episode 1さて、こういった雑誌がある。『月刊 たる』・・・今は『TARU』なんですかね?元々は関西在住の高山さんという仙人みたいなひげをたくわえた編集長さんが、作ったものだ。現在はWEBサイトでもいろんなお店やお酒にまつわる情報を掲載しているようだ。 http://taru-pb.jp/ さて、『たる』といえば・・・『樽』皆さんは『樽』から連想するのは何でしょうか?小生は『ウイスキー』である。元々お酒の味なんかわからないし、現在も本当にわかっているのかはわからない。こればっかりは『好きか嫌いか』しかないのである。『口に合うかどうか』でしょうな。 小生の手元に『WHISKY BOOK』というものがある。ずいぶん昔の話になるが、お正月明けの電通さんのパーティーをひょんなことからお手伝いするということが続いた。そこでサントリーのこの本を知った。サントリーさんに戴いた非売品だと思う。この本では『飲み手、つくり手、そして自由とはともに手を携えて進む』と詩人Rバーンズの謳った言葉に2語加えて言っておられる。さて、その内容とはいかに・・・。例えば飲み手・・・『ウイスキー辞典』の章では、(こ~さ)[最後の一滴] ~ボトルが空になっても、酒徒はあきらめない。ボトルをひっくり返して最後の一滴までグラスに満たし、ウイスキーに敬意を表する。しかし、一滴であきらめているようでは、年季が足りない。粘れば、実は最後の一滴の後になんと24滴も出てくる。お試

organizer.html.xdomain.jp


☆OOTD

*OOTDとは「Outfit Of The Day」の略で、「今日のコーデ(服装)」を意味します。

InstagramやTwitterなどのSNSで「#ootd」のようにハッシュタグをつけて、今日のコーディネイトを発信している方が多数いらっしゃいますので、お洒落番長(!)の方々には周知されたハッシュタグですよね!

また、「夜のコーディネートが見たいな。」という方は「OOTN」で検索すれば、「Outfit Of The Night 」を調べることができるのです。

さて、当院では長期入院されていらっしゃる患者さんなどに、少しでも明るい気持ちになって頂けるよう定期的にお洒落を楽しむ機会を設けております。

あのリハビリメイクで有名なかづきれいこさんではありませんが、女性ならヘアメイクをして頂き、記念撮影をし、どうしても気持ちがふさぎやすい入院生活の中で、患者さんの楽しい思い出の1ページに残るような素敵なpicを集めました。

中には当院職員も一緒になってランウェイをキャットウォークするモデルさん気分での写真もアップしております。

そのイベントでカメラマンや撮影準備のお手伝いをして下さるスタッフを随時募集しております。

*ご注意:繰り返します。

当院はあくまで架空のクリニックでしたよね?

そのことをお忘れなく・・・。

従って、「応募しないで下さいッ!!」(笑)


こちらをクリックして頂けますとご閲覧になれます。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

https://kaitaishinsho.amebaownd.com/posts/4024171


わが国ではまだ馴染みの薄い代替医療を学ぶ講座をお手伝いして下さる職員を募集致します。

繰り返しますが、当院は架空のものでありますので、応募しないで下さい。(笑)

昨今定着した漢方の勉強会に続き、ホメオパシー、アロマテラピーなどについて勉強します。



← ポチっ♪として下さい。

するとLINK先のサイト様が喜んで下さいます→当院もHappy!! 


TOPページで「全てのSNSとの連携を取ってはいない」旨の内容を記載し(フォローボタンのことです。ついでにシェアボタンも。)その舌の根も乾かぬうちに・・・


だいたい芸能人でも著名人でもない個人のホームページに「何もアクションを起こさずして、見に来て頂ける」とは思っておりません。

そんなの傲慢でしかないですもの・・・。


でっ。

この頁(ぺえじ)まで辿り着いた貴女、貴方(どちらでもない「あなた」?)様には感謝申し上げます。

本当に本当に「こんな管理人の私になど関心を持って頂きまして、なおかつこのページまでお読み頂きまして誠に有難うございます!」

そんな方々には「貴重なお時間を割いて頂き、幣サイトをご閲覧下さいましたことに心よりお礼申し上げます。」


いっぽう「Link先の皆様のところにご訪問者様がたくさんありますように。」という気持ちと裏腹に「もう何を聞いたところでたいていのことは驚かないような、年はずいぶんとくっているのにもかかわらず、とっても恥ずかしがりやさん♡」という管理人の性質と「なにかしらこわがりな気持ち」を抱えたまま(いや~、顔も知らない人々に幣サイトを見て頂けて有難いのはやまやまですが、見えないものに対しての微量な畏怖の念?)それらとの複雑な葛藤?せめぎ合いがあるものの、宜しければ「ついでに甘えちゃえ!」風味で、フォローボタンをこのような目立たない箇所に設置させて頂きましたっ!!

こそこそっと。


だからといって、私は人間関係の構築を積極的に行えるような明るい者ではございません。

ご縁があれば自分が出来る無理のない範囲でいろいろとお付き合いが出来る程度の社交性を身につけておきますので(そのあたりは脆弱性が認められる2018年4月現在。)皆様何卒宜しくお願い申し上げます。


*ただ「おおまかな意味では全てのSNSとは連携しておりません。」

そこへ飛んでゆけても自動的に何か更新出来るようにはしていない場合がございます。

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓